2018年7月16日月曜日

歯周治療の流れの中で、大きなポイントとなるのが評価です。

歯周病の進行を止めるためには、細菌感染の除去が必要になります。そのためには専門の器具を使用して、歯の根っこについた歯石を除去する必要があります。必要なときには麻酔を行い、担当の歯科衛生士が歯石を除去していきます。

歯周病が進んでしまった方のために(重度)
歯周病が進み、骨吸収が重度に進んでしまった場合、歯科医師が炎症を起こしている歯肉をメスで切り取り、歯の根っこについた歯石をとる場合があります。

根気良い治療が必要
歯周病が骨にまで及んでしまう主な原因は、歯垢、歯石です。原因となる歯垢、歯石を除去し、適切な処置を行なうことで、かなり進んだ病状も回復する場合があります。指示を守っていただき、根気よく治療を続けることが必要です。
歯周治療は確認が必要
歯周治療の流れの中で、大きなポイントとなるのが評価です。
評価とは、治療の効果を判定することです。基本的には、最初の診査と同様のことを行い、問題点が改善されたかをみていきます。
原因から考える
虫歯には主に3つの原因があるといわれます。
この3つの重なりが虫歯を引き起こします。
カリオロジーは、虫歯の原因11つをときほぐし、個人個人がどのような状況にあるか、というところから、予防への道しるべを作っていきます。お口の中の細菌について、ご自分の歯の強さについて、食習慣について、見直すことから始めるのがカリオロジーです。当歯科医院では、患者さんにあわせて予防を考えていきます。
定期的な検診が虫歯・歯周病を予防します
毎日の歯磨きが虫歯を予防する最良の手段ですが、全ての人が完全な歯磨きができるわけではありません。磨き残しがどうしてもでき、そこから虫歯になることもあります。また、毎日の歯磨きだけでは歯周病を防ぐことができません。歯周病予防には医院での歯石除去が有効です。来院されるペースは患者さんによって違いますが、3~4か月に1回が目安になります。毎日の歯磨きと医院での定期的な健診により、生涯ご自分の歯を保つことが可能になります。

歯がぐらつき、歯ぐきから膿が出てくる。又は、口臭がする。なんとなく歯ぐきが腫れぼったい。このような症状があったら歯周病が疑われます。歯周病は虫歯のような激しい痛みが出にくいので、気づいたときには歯を抜かなければならないということもあります。
噛み合わせが悪い場合や喫煙、糖尿病などの全身的な問題がある場合も歯周病が悪化しやすくなります。歯周病は「沈黙の病気」といわれ、病状が進行してもあまり症状がわかりにくい特徴があります。気づいたときには重症になってしまって手遅れになることが多いため、日頃から予防、早期治療に努めることが大切です。

歯垢(プラーク)が石灰化して硬くなった歯石はブラッシングでは落とせません

歯周病ときくと高齢の方がかかる病気だと思われるかもしれません。しかし今や日本の成人の約8割が歯周病予備軍またはすでに歯周病を発症しているといわれています。10代や20代の方にもすでに症状がみられるのです。歯を失う原因の第1位は歯周病です。
お口まわりだけの問題ではありません。糖尿病や心疾患、早産や低体重児出産のリスクも報告されています。初期段階では自覚症状がありませんので静かに進行してしまっているかもしれないのです。

スケーリング
歯垢(プラーク)が石灰化して硬くなった歯石はブラッシングでは落とせません。歯にこびりついた歯石を「スケーラー」という器具を使って除去するのがスケーリングです。スケーラーには手動の器具と超音波式があります。

ルートプレーニング
スケーリングでは落としきれない歯と歯ぐきの溝(歯周ポケット)に入り込んだ歯石を「キュレット」という器具を使って除去する方法です。歯石とともに汚染された歯質を削り、歯根を平らに滑らかに仕上げます。
予防歯科について~歯を健康に保つために~
歯科医院へ行くのは歯が痛くなってからだと思っていませんか? しかしそれでは病気になってからの対処療法を行うことになります。歯をいったん削ってしまうと元には戻りません。病気を発症してしまったら進行と止めるために治療が必要ですが、治療をしても元の無傷な歯には戻せないのです。歯の健康維持のためには病気を未然に防ぐ予防がおすすめです。

クリーニング
器具を使って歯石を除去します。
PMTC
磨きにくいところなど専門的な器械を使って、歯垢、歯石を除去することでむし歯予防・歯周病予防を図ります。抗菌作用のあるペーストを用いてバイオフィルムを徹底的取り除きます。仕上げは歯と同じ成分(ハイドロキシアパタイトナノ粒子)のトリートメントケアペーストを用いて歯に白さをプラス。最後にオレンジフレーバーorミントフレーバーのペーストで歯ぐきを優しくマッサージ。快適な余韻をお楽しみください。

アドバイス
歯磨き指導をしています。 歯ブラシ、または、歯間ブラシ、フロスなどを使い、歯科衛生士が一人一人にあった磨き方を丁寧に予防やセルフケアを指導します。 使用した、歯ブラシまたは歯間ブラシはお持ち帰りいただけます。

2018年7月13日金曜日

むし歯や歯周病は生活習慣病の要素も強く、生活習慣を変えることでそのリスクを減少させることができます

歯石がたまってしまうと、歯周病や口臭の原因となることもあります。ですから定期的に除去することをお勧めします。

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning
毎日の自分で行なう歯磨きで落ちない歯の汚れをプロの手できれいにクリーニングするのが「PMTC」です。歯のエステと呼ばれることもあり、予防歯科のメニューの中でも重要になっています。矯正装置やブリッジなどでブラッシングしにくいところがある方は、ぜひご利用ください。歯周ポケット内の歯の根の部分もキレイに磨き上げて汚れを取り除きます。
フッ素
フッ素には歯の質を強くして、酸に溶けにくい歯にしたり、歯から溶け出したカルシウムやリンの再沈着を促進したり、ブラッシングで落としきれなかったプラーク中のむし歯原因菌の働きを弱め、酸が作られるのを抑制するなど、むし歯になりにくくする働きがあります。とはいえフッ素は万能でありません。あくまで歯をコーティングするだけなので、剥がれてしまったら膜を貼りなおさなければなりません。そのためにも定期健診が必要です。

生活指導
むし歯や歯周病は生活習慣病の要素も強く、生活習慣を変えることでそのリスクを減少させることができます。患者様の日常生活をお伺いし、たとえばおやつや甘い物の量と回数を減らしたり、だらだら食べるなどの悪習慣をやめるように指導いたします。
歯の表面にある白い付着物がプラークです。プラークは食べカスとは違います。生きた細菌(バクテリア)の集合体です。この中に虫歯菌や歯周病菌も含まれています。歯周病はこれらの菌による感染症で、サイレントディジィーズ(沈黙の病気)と呼ばれ、進行するまで症状がありません。歯ぐきが腫れたり歯がグラグラしたりし始めたときには、かなり進行した状態になっています。1020年以上かけて歯周病が進行していった結果です。

歯周病を予防するためにはブラッシングによってプラークを徹底して除去していくことが必要です。これをプラークコントロールといいます。プラークコントロールが徹底されていれば、歯石はつきません。永広歯科では、プラークを効率よく除去して虫歯や歯周病を予防するためのブラッシング指導を行っています。36ヶ月に1回の定期健診を利用してお口の健康を維持していくことをお勧めします。また、位相差顕微鏡によって患者様ご自身の目でプラーク中の細菌を確認していただくこともできます。

代わりのない大切な歯。だからこそ、自宅でのケアと歯科医院でのケアの両方で、しっかりと守りましょう

せっかく時間をかけてむし歯を治しても、治療後のケアを怠ってしまえば、再発してしまいます。治療再発治療、と繰り返すうちに治療する部分はどんどん大きくなっていき、最終的には歯を失うことになってしまうでしょう。悪くなってからの治療ではなく、悪くならないために日ごろからの予防に取り組み、自分の歯をできるだけ長く保っていきましょう。

むし歯と歯周病を予防することが、予防歯科の目的です。
そして歯に付着したり歯と歯肉の間に溜まったりした、プラークやバイオフィルム(歯周病菌などの微生物やその代謝物の集合体)、歯石に、むし歯や歯周病の原因菌は住みついて増殖していきます。つまり予防歯科では、このプラークと歯石をしっかり除去することに取り組みます。
口の中に常に存在する菌
むし歯と歯周病の原因となるそれぞれの菌は常在菌と呼ばれ、人の口の中に常に存在しているといわれる菌です。完全にこの菌を取り除くことは難しいので、菌が増殖しないように継続的なケアが必要になります。

予防歯科のコスト
予防のために定期的に歯科医院へいくことは、時間や費用面でコストに感じるかもしれません。しかし、しっかりと予防を行い定期的な検査を行えば、むし歯や歯周病の影響を最小限に抑えることができます。むし歯や歯周病が進行してしまい、神経を抜いたり、歯を失って入れ歯などになってしまうコストを考えれば、予防にかかるコストは非常に小さなものになります。

セルフケア
セルフケアは、まず毎日の歯みがきが大切です。
しかし、歯みがきには患者さんそれぞれの癖があり、丁寧に磨いているつもりでも磨き残しがあることが多くあります。そこで、ブラッシング指導を受けていただき、ご自宅でしっかりとお口のお手入れができるようにお手伝いしています。やはり、自宅での日常的な予防ケアが一番大切!がんばりましょう。
プロフェッショナルケア
PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)と呼ばれる専門のクリーニングを当院では実施しています。歯医者でおこなう最も基本的な予防ケアとして効果があります。やはりセルフケアで丁寧に磨いても、どうしても汚れは付着してしまいますので、PMTCを行ってすみずみまでピカピカに仕上げます。一度受けていただくとお分かりいただけると思いますが、ピカピカツルツルになった歯は本当に気持ちいいものです。自宅での予防ケア習慣の入口として、一度お試しください。

2018年7月12日木曜日

それにも関わらず、国民に一番虫歯が多い国が日本です

先進国で一番歯を磨くことに時間をかけている日本人。
それにも関わらず、国民に一番虫歯が多い国が日本です。再治療が多いのは、「先進国では日本だけ」という事実をご存じですか?なぜ、磨いても磨いても虫歯になるのでしょう?それは、「歯に対する意識」の違いによるものです。
WHO(世界保健機構)の調査によれば、虫歯が一番少ない国はスウェーデンで、全人口のうち虫歯を持っている人の割合は約12%程度。それに対して、日本は約50%にも上ります。12歳児における一人平均虫歯本数は、スウェーデンでは1.1本、日本では2.4本と倍以上。その違いの理由は予防歯科に対する意識です。スウェーデンにおいて、歯科医院で定期検診をする人の割合は大人80%、子供100%。日本の定期検診の割合は、わずか10%足らずです。
現在の虫歯や歯周病を予防する予防歯科学は、スウェーデンのイエテボリ大学を中心に発展しました。そのため、スウェーデンでは虫歯の予防に対する意識が非常に強く、80歳になっても1520本、自身の歯が残っているといいます。日本では「虫歯になって痛くなったら病院に行く」が当たり前ですが、欧米では「まず予防して虫歯にならないこと」が常識なのです。当院では本来の白い健康な歯を保つために必要なことは「予防」だと考えております。

予防することは、虫歯を防ぐだけでなく、患者さまの痛みを軽減することにもつながります。「虫歯になって痛くなったら病院に行く」では、一生その繰り返しです。歯が痛くなる⇒歯医者に行く⇒歯医者で痛い思いをする⇒歯医者に行かなくなる⇒歯が痛くなるこんな負のスパイラルから、そろそろ解放されませんか?お口の臭い、歯の黄ばみ。気になるところをケアして、歯が持っている本来の美しさを保つことが将来の歯のケアにもつながります。そして、予防することは美しさを保つだけではなく、削って詰める治療や抜く治療を減らすことになりますので、患者さまの痛みの軽減にもなるのです。
PMTCは悪いものを取り除くだけでなく、環境を今よりさらに改善する効果があります。
PMTCとは、歯科医院でおこなう「お口のプロの手による歯のクリーニング」です。日々のハミガキは歯に付着した歯垢を落とすためのものですが、すべてを取り除くのはまず不可能です。歯垢の中では細菌が増殖し、歯周病を悪化させていきます。
また喫煙やコーヒー、ワインを飲むなどの習慣で色素が歯に沈着することもあります。PMTCはそれらを丁寧に、完璧に取り除きます。さらに歯の表面をツルツルに磨きますので、新たな汚れが付着しにくくなります。

お口の中の状態は絶え間なく変化しています。歯や歯ぐきの健康を保つためには、定期検診が欠かせません

予防歯科とは、虫歯や歯周病を防ぎ、健康なお口を維持する予防処置を行います。
歯科医療の先進国である欧米諸国では、歯科医院の役割が「治療」から「予防」へ徐々に変わってきました。その流れを受けて、日本でも予防歯科が重要視されるようになってきています。予防歯科の目的は、「お口を健康に保ち、生涯自分の歯で過ごす」ことです。虫歯や歯周病を治療することはもちろん大切なことですが、何より大切なのは虫歯や歯周病にならないことです。そのためには、日々の正しいブラッシングと定期検診が重要になってきます。
バイオフィルムを除去するPMTC
お口の中に潜んでいるバイオフィルムは虫歯や歯周病菌などの細菌の固まりです。これが歯の回りをすっぽりと覆い、その上からプラークが付着すると、虫歯や歯周病を引き起こします。バイオフィルムは毎日の歯磨きでは完全に落としきれません。これを取り除いてくれるのが、歯の専門家が行うPMTC(Professional mechanical tooth cleaning)です。PMTCは専用器具を使ったプロによる歯のクリーニングです。歯の表面の汚れや歯周ポケットの内側の歯の根の表面に付着しているバイオフィルムまで除去できます。処置後は歯の表面がツルツルになり、虫歯や歯周病予防効果もあります。

歯の健康を守る定期メインテナンス
お口の中の状態は絶え間なく変化しています。歯や歯ぐきの健康を保つためには、定期検診が欠かせません。患者さんのライフスタイルや口腔内の状態によっても異なりますが、3か月~半年に一度の定期検診をお勧めしています。メインテナンスを受けることで処置した歯が長持ちし、新たな虫歯や歯周病が見つかれば、早期に処置できます。長期にわたり安定した歯の状態を保つことができます。定期メインテナンスは、おいしいものを食べ、健康でいられる秘訣です。いつまで健康で丈夫な歯を守るためにも、ぜひ、定期的に受診してください。
大切な歯を守るためには治療より予防~予防歯科~
いつまでもご自身の歯で食事や会話ができることは、何より快適であり、健康的なことです。入れ歯(義歯)やインプラントなどの治療法で歯を補うこともできますが、天然歯以上の機能性を持つものはありません。

お口の健康維持のためにもっとも大切なことは、虫歯や歯周病といったお口のトラブルを未然に防ぐことです。虫歯になると歯を削る処置をしますが、これにより歯はダメージを受け、治療を繰り返すことでどんどん歯を失うリスクを高めてしまいます。また、歯周病は歯を失う理由の第一位であるお口のトラブル。いずれも、発症・再発しないよう「予防」で未然に防ぐことが大切です。