2018年2月13日火曜日

歯周病の一番の原因は、歯垢(プラーク)です。

歯や歯ぐきの周りにベタベタと付いている白いものです歯周治療を希望して来院される患者様の多くの場合は、歯周病の何らかの症状がすでに現れており、かなり病状が進行しているケースが多く、治療に要する期間も長くなります。治療は早く終わるにこした事はありませんが、じっくりと腰を据えて治療を受ける心構えを持つ事が最も重要です。 歯周病は本人に自覚がないままに進行するという病気でもある為に、十分に歯周病に関する説明を行ない、治療の必要性をお話しております。

歯周病の原因
歯周病の一番の原因は、歯垢(プラーク)です。歯や歯ぐきの周りにベタベタと付いている白いものです。これはバイ菌のかたまりで、プラーク1mgの中には、1億個の微生物がいるともいわれています。 このような細菌の集合体を「バイオフィルム」と言い、これらはネバネバした分泌物で守られているため、抗生物質や殺菌剤なども効きにくくなります。バイオフィルムの中の歯周病細菌が活発になると、歯周病が発症したり悪化したりしてしまうのです。
プラークの除去
歯周病の原因となる歯周病菌を減らす為には、毎日のていねいな歯みがきでプラークを除去していくことが必要です。みがき残しをなくすために、効果的な歯みがきの方法や、歯間ブラシのような口の中の状態に応じた道具の使い方を身につけていただくことが重要です。 しかし、歯ブラシでは落としきれない頑強なバイオフィルムという構造体が歯にこびりつくことがあります。これを除去するためには定期的に専門的なクリーニング(PMTC)を受けていただくことが必要です。
PMTCとはプロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングのことで、歯と歯茎の間や表面に付着した「細菌の巣であるバイオフィルム」「着色」の除去を目的として行います。バイオフィルムというのは歯垢が長い間停滞することでできる細菌の塊のことで、ネバネバしたぬめりが膜となって歯の周りにこびりつきます。この膜が一度ついてしまうと、日頃の歯磨きではなかなか取り除くことが難しくなってしまい、虫歯や歯周病が進む原因となります。

そのため、歯科衛生士が特別な専用機械を使って施術しますが、歯の表面だけでなくブラッシングをしても届かない歯肉の中や、歯ブラシが届きにくい奥歯の裏の方まできれいに清掃することが可能です。また、ペーストの中にはフッ化物が含まれていますので、虫歯(カリエス)予防効果も期待できます。施術のタイミングは、1ヶ月~3ヶ月に1回。定期的に受けることでより効果的な予防を実現することができます。

歯磨き粉などのテレビCMで皆さまにもおなじみの歯周病。

近年、「歯周病を防ぎましょう!」と叫ばれているのには理由があります。実は歯周病は虫歯を抑え、日本人の成人の8割が歯を失う原因の第一位の病気なのです。

これは、歯周病が虫歯と違って痛みが出にくく、異変を感じて歯医者に行ったときには重症化しているケースが多いため。最悪の場合は、歯が自然に抜け落ちてしまうこともあります。
歯周病によって引き起こされる全身疾患
・肺炎
歯周病菌が肺に感染すると肺炎になることがあります。
・心臓病
歯周病菌による炎症から血栓ができると動脈硬化を招き、心筋梗塞や狭心症などの心臓疾患を引き起こすことがあります。
・糖尿病
歯周病菌は糖尿病を引き起こす原因になります。また、すでに糖尿病を患っている方が歯周病にかかると血糖のコントロールが難しくなり、さらに悪化する可能性があります。

ブラッシング指導
患者さまの歯並びや噛み合わせに適したブラッシング法を指導します。患者さまのクセなどをお伝えするとともに、汚れが溜まらないための磨き方のコツを伝授します。

PMTC
歯科医師や歯科衛生士など歯科のプロが行う、歯のクリーニングです。普段皆さまが行うブラッシングではどうしても落とせない歯の裏や歯と歯の間の汚れを、専用の器具を使ってキレイに除去します。
生活習慣の改善
病気、睡眠不足、ストレスを感じているときなど抵抗力が落ちているときは歯周病菌に感染しやすくなります。十分な睡眠、適度な運動、ストレス解消は歯周病を治療していくうえでも欠かせません。また、歯周病と関係の深い糖尿病にならないような食事、よく噛んで食べるなど食生活を見直す事も必要です。

治療後の定期検診
歯周病の治療が終われば、それで後は何もしなくても良いというわけではありません。一度歯周病になってしまった場合には、再度歯周病になってしまう可能性が高くなります。そのため、再発を防ぐために歯周病の治療後の定期的なメインテナンスが重要になります。

2018年2月12日月曜日

歯周病は再発の恐れのある病気です。

歯周病は自覚症状が少な いため、気付かないうちに症状が進行してしまう可能性があるので、ここ最近歯周病の検査を受けていない方は一度検査を行うことをおすすめします。
初診
来院の理由、また、お口の気になることをお話します。
検査
歯周ポケットの検査やレントゲン撮影などで、歯周病の状態を調べます。
診断
検査結果をもとに、今のお口の状態を説明、これからの治療プランを立案します。
初期治療
歯石除去(スケーリング・ルートプレーニング)や、ブラッシングの指導、また必要に応じて虫歯の治療や咬み合わせの調整などを行います。
再評価
歯周ポケットが改善されているかどうかを検査します。そして、改善されていない部分にたいしての次の治療プランを考案していきます。
歯周外科治療
改善されていない部位や深い歯周ポケットを外科的に取り除きます。
再評価
外科処置後、歯周ポケットが改善されているかを再検査します。改善されていれば、メンテナンスへ進み、病状安定となればSPT(サポーティブペリオドンタルセラピー)へと移行します。
定期検診(メインテナンス)
歯周病は再発の恐れのある病気です。せっかく治っても、治療前と同じような生活・ケア方法では、また歯周病になる可能性もあります。
ですので、治療後もセルフケアをしっかり行いましょう。
[メインテナンスの目的]
・歯周病の再発予防
・新たな歯周病発症部位の早期発見
・良好な歯周組織環境の長期維持
治療の終わりがゴールではありません。セルフケアをしっかりと行い、お口の中の健康を継続して守っていくことが大切です。

「歯医者は歯が悪くなってから行くもの」

だと思っていませんか。
歯が悪くなってから治療を始めると歯を削らなければならない場合がほとんどです。そして、現代の医療では歯の削った部分を取り戻すことはできません。治療後は詰め物や被せ物をして再発の防止をするだけが現状です。また、削ってしまった歯はメンテナンスをしなければ虫歯などを再発しやすくなり、治療のたびに弱くなってしまいます。最悪の場合、治療をしていても歯を失う可能性があります。

自覚症状(痛みなど)がほとんどない歯周病も注意が必要です。自覚症状が無いので、知らない間に進行している場合が多いです。統計によると、35歳で80%以上の人が歯周病になっているといわれ、歯を失う一番の原因です。
PMTCは、選び抜かれた様々な機械・器具・材料の中から、患者さまのお口の状態に合わせて組み合わせを決定します。それらを用いて予防歯科のプロフェッショナルである歯科衛生士が患者さまの歯を隅々までクリーニングします。日常のお手入れではできないレベルのクリーニングです。使用する器具の中には細い隙間に入れるために先がとがっているものもありますがクリーニング中に痛みを感じることはありません。気持ちよく眠ってしまう方もいらっしゃるぐらいです。クリーニング終了後は歯の表面がつるつるになってお口がさっぱりします。
定期検診が大切な理由
虫歯・歯周病には、「初期に自覚症状がほとんどない」という共通点があります。そのため発症しても気づきにくく、知らないうちに進行してしまっているというケースが少なくありません。そこで、定期検診が重要になります。定期検診では、医師によるお口の中のチェックに加え、専門的な予防処置を行います。

自分では見えにくい部分まで専門家がチェックすることで、早期発見・早期治療が可能になるため、もし何か異変が起きていても簡単な治療で終えられるのです。もちろん専門的なクリーニングなどを行うことで、発症自体も予防できます。お口の中の状態は日々変化するため、ひとり一人のお口の状態に合わせて36カ月に1回の割合でお越しいただくことをおすすめします。

2018年2月11日日曜日

虫歯や歯周病の発生が予防できれば、お口の健康寿命を延ばすことができます。

虫歯や歯周病は生活習慣病といわれています。そのため、これらの病気にかからないためには、ご自身による予防と歯医者さんで行うメインテナンスがとても重要です。痛みなどの症状が出る前に適切な処置をすれば、虫歯や歯周病は未然に防ぐことができます。当院では、お知らせのハガキをお送りして、定期的なお口のチェック、PMTC、フッ素塗布などを積極的に行っています。

虫歯や歯周病の発生が予防できれば、お口の健康寿命を延ばすことができます。また、お口の健康は体全体の健康にもつながります。いつまでも健康な歯、そして元気な体で過ごしたいと思いませんか?予防歯科・定期健診についてなど気になることがございましたら、何でもご相談ください。
予防歯科のメリット
メリット1:口腔内のトラブル予防
虫歯歯周病などの病気を未然に防げるので歯の健康維持につながります。虫歯や歯周病にかかってからの治療では病気の進行は抑えられますが、健康な歯質を失うことになってしまいます。
メリット2:治療費の軽減
病気にかからなければ治療せずに済みますので治療費がかかりません。また治療には少なからずストレスがかかります。しかし予防処置には痛みなどがありませんので、気軽に受けられます。予防処置のための費用はかかりますが、長期的にトータルで見ると診療費用を抑えられるのです。
メリット3:健康な口腔内環境の維持
予防処置では口腔内の汚れを徹底的に除去します。そのためお口の中がきれいになりサッパリします。虫歯や歯周病の予防だけでなく、口臭の予防や軽い色素沈着の除去も可能です。
虫歯や歯周病を未然に防ぐ
歯石について
毎日きちんと歯磨きや歯間清掃をしていても、全ての歯垢を完全に取り除くのは難しく、歯垢が固くなり歯石になってしまうこともあります。
一度固くなった歯石は、歯科医院や専門的なクリーニングでないと取り除けないので、定期的に歯科医院での検診をおこない、早期発見・予防することが重要です。
予防対策
歯周病の予防のためには、1日に3回の歯磨きと、デンタルフロスや歯間ブラシを使った歯間清掃が効果的です。
歯のクリーニングに関する指導を歯科医院で受けたり、自宅での正しいブラッシングを心掛けましょう。また、歯周病の予防は口腔内だけでなく、全身の健康を維持することも大事なので、バランスのとれた食生活や喫煙を避けることが歯周病の予防につながります。

人が歯を失う一番の原因は「歯周病」です。

歯周病に苦しむ患者さまに健康を取り戻してほしい、そして歯周病で歯を失いかけている患者さまをお一人でも多くお助けしたい……そのような思いを胸に、当院では丁寧できめ細かい歯周病治療をご提供しています。

歯周病の恐ろしいところは、虫歯菌に侵されていない歯であっても抜け落ちてしまう可能性があることです。どれだけ虫歯がなく美しい歯であっても、歯周病が進行してしまうと、やがてものが噛めなくなり、最終的には歯そのものを抜かなければならなくなります。そのため、歯周病をコントロールしてしっかりと予防することが非常に大切になるのです。
歯周病の病状が進むと、歯を支える骨が溶けて歯がぐらついてきます。その状態で無理にものを噛むと、歯ぐきや歯肉を傷つけるだけでなく、痛みを伴うこともあります。ここまで病状が進行すると、歯ぐきの腫れや出血をなくすだけではお口の健康は取り戻せなくなります。

歯周病治療のゴールは、安定した噛み合わせでしっかり噛めることです。そのための噛み合わせのチェックでは、矯正治療を専門とする矯正指導医が力を発揮します。正しい噛み合わせを取り戻すまでの治療には時間がかかりますが、将来的なお口の中全体の健康を考えれば、どのステップも外すわけにはいきません。

1】診査・診断 お口の中の状態を細かくチェックし、診断します。

2】歯周基本治療 細菌の温床となる歯垢や歯石を除去し、歯ぐきの炎症を抑えます。
必要であれば、噛み合わせ治療や矯正治療を行います。

3】再評価 基本治療によって、どの程度の改善が見られたか検査します。
4】外科処置 必要に応じて、歯を支える骨を再生させる歯周外科手術を行います。

5】再評価 これまでの治療で症状がどの程度改善されたかを検査します。

6】補綴(ほてつ)処置 噛み合わせのバランスをチェックし、必要であれば被せ物を製作、または古い被せ物を新たに作り直すことを行います。

7】定期メンテナンス 歯周病治療の終了後も、再発を防ぐためには定期メンテナンスが必要です。