2018年9月20日木曜日

現在では金属を全く使わないオールセラミック治療が主流になってきました

歯を本来の姿にする、見た目の美しさを求めた歯科治療です。
いつまでも健康できれいな真っ白な歯でありたいというのは今も昔もずっと変わらず、誰もが持ち続けている願いです。笑顔が素敵な人は歯がきれいであるということからも、歯や口元に美しさを追求されるようになってきました。

そんなニーズに答えるのが審美歯科です。
綺麗な歯並びや白い歯をいつまでも保つことで、歯や口元のコンプレックスが取り除かれ、通常の生活でも何事にも明るく積極的に行動できるようになったという方もいらっしゃいます。もちろん、審美歯科による治療は一時的な見た目の美しさだけではありません。
いつまでも健康的できれいな歯を保つため、興味を持たれた方は一度当院までご相談下さい。
セラミック治療
・メタルセラミックス
最近までセラミック治療はメタルセラミックと言って、金属にセラミックを焼き付けた被せ物が主流でした。

・オールセラミックス
現在では金属を全く使わないオールセラミック治療が主流になってきました。
金属を使わない為、自然の歯に近い色調が再現可能なうえ、金属アレルギーも避けることができます。特殊なケースを除いて、オールセラミックスなどのメタルフリー治療が定番になって行くでしょう。
ラミネートベニア
歯の表面を最も美しくするセラミック治療です。歯を白くし、形や隙間なども整える治療法です。セラミック製の薄いプレートを貼り付けることで、歯を美しくでき、歯の内部まで色素が沈着していて、ホワイトニング等では効果が期待できない変色歯も、この方法で白くすることが可能です。

セラミッククラウン
歯の色と並びを美しく整えます。歯を白くし、形や隙間なども整える治療法です。歯を削る量はラミネートベニアより多いですが、適用できる範囲が広く、変色歯はもちろんのこと、大きさの不揃いな歯、歯根部分だけしか残っていないような場合まで対応可能です。

歯周病菌が肺に感染し肺炎になることがあります。

プラークは、歯の表面に集まる目に見えない細菌からできているネバネバとした薄い膜のことです。
プラークには無数の歯周病菌が潜んでおり、菌が出す毒素が歯周病の発生や進行に大きく影響してきます。プラークを放置するとやがて歯石に変化。歯石になると、周囲の歯周組織がさらに炎症を起こします。さらに放置すると細菌が奥に入り込んでいき、毒素を出し続けることで歯を支える骨を溶かしていきます。最終的には歯を支えられなくなり、咬むことが困難になり、歯が抜け落ちてしまうので早めの受診をおすすめします。
歯周病はさまざまな全身疾患のリスクになります。
歯や歯ぐきの健康は口の中だけでなく全身とも関係しています。
口の中には何百種類という細菌が生息していますが、口から体の中に入り込むことで、さまざまな病気(心臓病、肺炎、糖尿病、早産等)を引き起こすことが知られています。
歯周病は歯周病菌の塊である歯垢(プラーク)や歯石による歯ぐきに炎症を引き起こす病気の事ですが、口の病気と油断してはいけません。
【肺炎】
歯周病菌が肺に感染し肺炎になることがあります。
【心臓病】
重症になると歯周病菌による炎症から血栓(血の固まり)ができやすくなるため、動脈硬化を招き心筋梗塞(しんきんこうそく)や狭心症(きょうしんしょう)などを引き起こすことがあります。
また心臓の内側にある心内膜(しんないまく)の炎症を引き起こし、細菌性心内膜炎(さいきんせいしんないまくえん)になる場合もあります。
美しい歯
歯の表面の汚れをとりきれいに磨きます。
また、歯の表面へのフッ素塗布により、汚れをつきにくくします。
多少の汚れやざらつきなどはツルツル、ピカピカに磨きあげられます。
※さらなる白い歯を求める方にはホワイトニングのご案内もしております。
予防
汚れをとることで歯肉の腫れがおさまり、歯肉が引き締まってきますので歯周病、歯肉炎の予防効果があります。
歯磨きでは落とせないむし歯の元になる細菌の塊を磨き落としますので定期的なクリーニングはむし歯予防に最適です。
口臭の原因の一つである細菌をきれいに取り除きます。

2018年9月18日火曜日

きちんとした診療・治療の延長上に審美・美容というものがあり、患者さんの肉体的及び精神的健康の回復と維持を目的とし、歯のホワイトニング(漂白)やセラミック等によって審美回復治療を行います。 オールセラミックは、歯に金属を使わないセラミックの被せ物をすることです。永年の使用にも変色することなく、透明感のある自然な歯を再現することが出来ます。自然な光を透過する優れた美しさだけでなく、硬すぎて他の歯を傷つけることもない強さとしなやかさまでも兼ね備えた理想的な材料で、健康な天然歯とほぼ同じ硬さと性質があり審美性にも優れています。天然歯とほどんど見分けがつかないくらい自然で美しい仕上がりです。奥歯にも強度の高いセラミックを入れることで、機能的にも審美的にも歯の機能を十分回復することが出来ます。金属を一切使わないため、金属アレルギーの方にもご利用いただけるという利点もあります。 また、お口の中の歯肉とのなじみも良いため、かぶせ物周辺の歯肉の健康も維持できます。 オールセラミックはお口の中のどの部分にも様々な形で装着できますので、よく相談し、あなたのお口に合った最良の治療法を見つけてください。 オールセラミックの保証期間は5年ございます。 ※但し当院でメインテナンスを受けている方が適用になります。 こんな方にお奨めしています 前歯など一度かぶせた冠が変色していませんか? 笑ったとき金属の歯が目立ちませんか? かぶせた冠と歯ぐきの境目が黒くなっていませんか? 金属アレルギーで悩んでいませんか? 歯を白くする方法は次の方法がございます。 1歯のクリーニング 歯科医院にて専用のクリーニング機材を使って、歯の表面についた汚れを落として、本来の白さに戻す方法です。 2ホワイトニング 歯に薬剤を作用させて漂白(脱色)していく方法です。ホワイトニングは、歯科医院で行います。 3ラミネートベニア 前歯の表面を0.5mm位削って、セラミックで作った付け爪のようなものを貼り付ける方法です。歯の色だけでなく歯の形もキレイにすることができます。 4セラミッククラウン 歯の表面全体を削って、セラミックの歯をかぶせる方法です。メタルボンドとオールセラミックがあり、オールセラミック治療の場合、裏側まですべてセラミックを用いるため、驚くほど自然に仕上がります。

<保険の材質>
現在の保険制度で使用できる、歯の色と同じような色の素材が、レジン(プラスチック)です。強度の問題から、レジンの歯は犬歯から犬歯の間(上下で12本)にしか適用されません。材質的な特性としては、透明感がないこと、水分を吸収するため時間と共に変色すること等が挙げられます。またプラスチックは磨耗しやすく内部の金属が表に出る可能性があります。一時的に入れる歯としては充分ですが、変色や着色を嫌う方、口元に美しさを求める方には不向きです。

<自費の材質>
最も歯に近く理想的だといわれているものが、セラミック(陶材)です。
セラミックは、自然の歯のように透明感があり、水分を吸収しないため変色も起こりません。また色調の再現性に優れています。セラミックの中には幾つかの種類があります。
オールセラミック
金属をまったく使用しないため、光が金属に遮断されることなく、天然歯のような透明感を再現します。自然な透明感と美しい色艶を高いレベルで再現するため、光があたる前歯に用いることで最大のパフォーマンスを発揮します。治療の際はファイバーコアを用い、金属は一切使わないため歯肉が黒ずんでしまうこともなく、身体に優しい治療法といえます。金属アレルギーの方にも最適です。

セラミック(メタルボンド)
金属がかぶせ物の中にあり、その上に完全オーダーメイドのセラミックが焼き付けられて作製されています。内面に金属を使いその上にセラミックを盛り上げているため、オールセラミックよりも透明感は落ちます。セラミックならではの色艶の再現性・質感により、保険治療で使われるプラスチックと比べれば遥かに美しく、自然な仕上がりが期待できます。プラスチックのような収縮・変色はなく、強度が高く、ブリッジや連結冠などいかなるケースにおいても使用できるという利点も備えています。但し、金属を使用するため、金属アレルギーの方にはお勧めできません。
ラミネートベニア
歯の表面に一部変色がある場合や軽度の変色の場合に、歯の表層を0.5mmほど削って薄いセラミックのシェルを貼り付ける方法です。付け爪のようなものですので、剥がれる可能性があります。また、歯の大きさや向きを大幅に変更することは出来ません。

どんなにキレイな治療をしても天然歯の美しさにはかないません。 

歯の色が気になる、前歯に隙間があって気になる、前歯の形をもう少しバランスよくしたい、少しだけ歯並びを直したいけれど時間がかかるのは嫌だ、などと悩まれている方に適している治療が、ラミネートベニア法です。

付け爪のような審美治療
ラミネートベニア法は歯の表面を一層だけ薄く削り、そこに付け爪のような薄いセラミックを貼り付けることで、理想的な色、形、バランスで前歯を作り上げる治療法です。 
生まれつき変色している歯や、大きさのバランスが悪い歯や、角度の悪い歯、歯並びに問題がある場合などに、歯へのダメージは最小限に抑えながら、短期間で理想的な美しい歯や歯並びを作り上げることができます。

最も美しい歯へ
どんなにキレイな治療をしても天然歯の美しさにはかないません。 
生まれながらの天然歯がかけてしまったり、すり減ってきたりした場合、できるだけ天然歯の色調や透明感を残したまま治療ができれば理想的です。 
ラミネートベニア法の一番の特徴は、貼り付けるセラミックの薄さにあります。薄く透明感のあるセラミックを使うことにより、下地である天然歯の色を反映するので、オールセラミッククラウン以上に天然歯に近い審美性を作り上げることができます。 
ラミネートベニア法の前にホワイトニングを行えば、さらに白く美しい理想的な歯にすることができます。 天然歯の特徴を残しながら、天然歯以上に美しい歯がよみがえります。
歯へのダメージは最小限
ラミネートベニア法には最高レベルの審美性に加えて、歯をあまり削らずに治療ができるという大きなメリットがあります。しかし、歯の位置や向き、歯並びが悪い場合にラミネートベニア法だけでそれを治療しようとすると、結局たくさん歯を削らなければならなくなってしまいます。 そのような場合はまず矯正治療で歯の位置や向きを整えることによって、歯を削る量をより少なくすることができます。ラミネートベニア法と矯正治療を組み合わせることにより、最小限のダメージでより美しい歯を手に入れることができます。
ホワイトニングとは
ホワイトニングとは、歯を削らずに、長い間取りきれなかった汚れによる歯の色の変色や、先天的な歯の黄ばみなどを白くする方法です。 ご自身の元々の歯の色よりも白くしたいという方にはお勧めの治療です。痛みや不快感はないので、リラックスした状態で治療して頂けます。
こんな方におすすめ
加齢による黄ばみを白くしたい方
先天的に歯が黄色い方
日常生活による着色を白くしたい方
今の色よりさらに白くしたい方

どんなにキレイな治療をしても天然歯の美しさにはかないません

美容整形やエステなどのイメージをお持ちになる方も少なくありません。 審美歯科(しんびしか)とは、美しさに焦点を当てた総合的な歯科医療分野の事を指します。 ただし、不自然なほど真っ白な歯にするということではなく、審美歯科治療における究極の美しさとは歯科医師の目から見ても天然歯と全く識別できないほどの自然美を回復することにあります。 
たとえその歯が年齢を重ねて褐色に変色し、噛み合わせがすり減り、形の悪い歯であったとしても、周りの歯と全く識別できないほどに調和し、天然歯のように機能しているのならば、それはとても美しく感じます。 これまでの歯科医療技術では、天然歯と判別できないレベルまでの処置を行うことは非常に困難でしたが、現在ではそれが当たり前のようになってきています。 
高額な治療費を払って、セラミックであることと白いことだけで納得されてきた方もたくさんおられると思います。しかし今は時代が違います。 歯の美しさは色、形だけではなく、そこに自然美をプラスすることで初めて生まれます。 天然歯のような輝く美しさを皆様ににお届けしたいと思っています。

付け爪のような審美治療
ラミネートベニア法は歯の表面を一層だけ薄く削り、そこに付け爪のような薄いセラミックを貼り付けることで、理想的な色、形、バランスで前歯を作り上げる治療法です。 
生まれつき変色している歯や、大きさのバランスが悪い歯や、角度の悪い歯、歯並びに問題がある場合などに、歯へのダメージは最小限に抑えながら、短期間で理想的な美しい歯や歯並びを作り上げることができます。
最も美しい歯へ
どんなにキレイな治療をしても天然歯の美しさにはかないません。 
生まれながらの天然歯がかけてしまったり、すり減ってきたりした場合、できるだけ天然歯の色調や透明感を残したまま治療ができれば理想的です。 
ラミネートベニア法の一番の特徴は、貼り付けるセラミックの薄さにあります。薄く透明感のあるセラミックを使うことにより、下地である天然歯の色を反映するので、オールセラミッククラウン以上に天然歯に近い審美性を作り上げることができます。 
ラミネートベニア法の前にホワイトニングを行えば、さらに白く美しい理想的な歯にすることができます。 
光照射器
天然歯の特徴を残しながら、天然歯以上に美しい歯がよみがえります。
歯へのダメージは最小限
ラミネートベニア法には最高レベルの審美性に加えて、歯をあまり削らずに治療ができるという大きなメリットがあります。しかし、歯の位置や向き、歯並びが悪い場合にラミネートベニア法だけでそれを治療しようとすると、結局たくさん歯を削らなければならなくなってしまいます。 
そのような場合はまず矯正治療で歯の位置や向きを整えることによって、歯を削る量をより少なくすることができます。ラミネートベニア法と矯正治療を組み合わせることにより、最小限のダメージでより美しい歯を手に入れることができます。

2018年9月17日月曜日

表面が滑らかなので、プラークや細菌の付着が少ないのも特徴です。

従来の差し歯は金属のフレームの外側に白い加工を施すため、どうしても歯と歯肉の境が黒く見えたり、歯に透明感がなく不自然な感じが避けられませんでした。
現在は金属のかわりに「白い金属」といわれるオールセラミック(ジルコニア)を使用することにより、前述した黒いふちどりもなく、自然な透明感のある白い歯をつくることができます。

オールセラミックにもいくつかの種類がありますが、当クリニックのジルコニアは最も強度の高い最新で最高級の材質を使用しておりますので前歯だけでなく奥歯においても充分な耐久性を備えています。
メリット
・身体に優しい素材で、金属アレルギーの心配がありません。
セラミックは、耐久性と強度に優れた陶材です。
※オールセラミックの場合、金属でないため、金属アレルギーの心配がありません。

・自然の歯に近いまたは自然の歯よりも美しさが得られます。
光の透過性に優れたオールセラミックは、治療した歯の透明感のある美しさを実現できます。将来的にも、金属の溶出による歯茎に変色などの心配がございません。
特に見た目の気になる前歯の治療に適しております。
※オールセラミック治療の場合、裏側まですべてセラミックを用いるため、驚くほど自然に仕上がります。
マイクロモーター
・人体への安全性の高い素材です。
人体に対する安全性(生体親和性)もセラミックの特徴で、整形外科領域では人工関節の材料として活用されています。

・プラークが付きにくい。
表面が滑らかなので、プラークや細菌の付着が少ないのも特徴です。

クラウン治療 
白いかぶせ物です。銀歯や金歯、前歯の変色や不揃いな歯並びを、白いかぶせ物にすることで、美しい口元になります。
オールセラミッククラウン
歯並びと歯の色を美しく整える治療法です。
歯を白くし、歯の形や隙間なども整えます。
適用範囲が広く、変色歯やふぞろいな歯、歯根部分しか残っていないような場合まで対応できます。
オールセラミックインレー
合金で被せ物を作り、その上にセラミックを焼き付けた物です。
金属を使用しているため、耐久性と強度に優れています。
オールセラミックインレー
ハイブリットインレーは、前歯を美しくする治療方法です。
歯とほぼ同じ硬さで、噛み合わせも自然です。