2019年1月16日水曜日

透明感があり、色調もご自身の歯に限りなく合わせることが出来ます。

白く美しい歯にすることにより、好印象にすることができます。 私は過去にアメリカの審美歯科学会に参加していた経験もあり、審美領域の治療を得意としています。最新の材料への理解もあり、その患者様に合った治療法を提案することができます。 技術的にも多くの症例経験があり、患者様の要望にお応えすることができます。

審美歯科治療で用いられる歯冠修復素材には、さまざまな種類があります。「歯冠修復」とは虫歯や根の治療をした後に、歯全体にかぶせ物をしたり、部分的に詰め物をしたりする治療のことです。
オールセラミッククラウン
被せる歯のベースにジルコニア(人工ダイヤモンド)を使い、その上にセラミックを盛って 作成いたします。透明感があり、色調もご自身の歯に限りなく合わせることが出来ます。
メタルボンドセラミッククラウン
被せる歯のベースに金属を使い、その上にセラミックを盛って作成いたします。中に一層金属が入ることにより若干透明感に欠けますが、周りの歯に合わせた色調は再現することが出来ます。

ハイブリッドセラミック前装クラウン
被せる歯の表側だけ白く、裏側はすべて金属になります。白い部分の素材はセラミックとプラスチックの中間の様なもので、強度的に弱く時間とともに変色してしまいます。

ゴールドクラウン
被せる歯を貴金属(ゴールド)で作成いたします。保険の金属より適合が良く、噛む力も緩和してくれます。力のかかる奥歯などにオススメします。
セラミックインレー
インレーとは虫歯などを除去した後、部分的に詰めるもののことを言います。保険内では金属になってしまうところをセラミックにすることで、白く見た目にも目立たなくなります。

ラミネートベア
歯の表面をごく薄く削り、セラミック製のシェル(薄片)を貼り付ける治療法です。

審美歯科とは、「歯の美しさ」に焦点を当てた歯科治療です。

審美歯科のメニューには、治療箇所をセラミックで補うセラミック治療、歯を削らずに歯を白くするホワイトニング、歯の表面に付いた汚れや着色を落とすクリーニングなどがあります。 

セラミックとは、白い陶材のこと。 
失った歯質を補う素材としてセラミックを使用することで、変色せず、透明感ある自然な白い歯を再現することができます。 
また、セラミックは、天然歯や他の歯冠修復素材よりも表面が滑らかで汚れやプラーク(歯垢)が付着しにくく衛生的でもあります。 
セラミックは、審美性、機能性、生体親和性、耐久性などの面で、金属やプラスチックなどの他の歯科治療用素材よりも優れた特徴を持っています。
セラミックの優れた5つの特徴
透明感ある自然な白さを再現することができる
何年経っても変色することなく、いつまでも美しさを保つことができる
細菌が付着しにくく、衛生的で虫歯の再発リスクを軽減することができる
金属などのように錆びることがなく、アレルギーの心配もない
歯肉に色素が沈着することがない
ジルコニアセラミッククラウン
ジルコニアセラミッククラウンは、高強度セラミック(人工ダイヤモンド)であるジルコニアの裏打ちにセラミックを盛り付けた被せ物です。変色せず、透明感ある自然な白さを実現することができます。 また、審美性だけでなく、生体親和性や強度も兼ね備えた、とても優れた治療法です。
オールセラミッククラウン(e.max
オールセラミッククラウンは、全てセラミックでできた被せ物です。光を透過し、美しく、自然の歯のような輝きを再現することができます。また、傷が付くことがなく、汚れが付着しにくいため、歯肉の健康にも良く、審美性と生体親和性を兼ね備えています。

メタルボンド(メタルセラミック)
金属の裏打ちにセラミックを焼き付けた被せ物です。 
金属で補強しているため、耐久性があり、奥歯やブリッジ治療にも使用することができます。適用範囲が広く、使いやすい素材です。 
金属を使用しているため、金属アレルギーやメタルタトゥー(金属によって刺青のように歯ぐきが黒くなること)のリスクはありますが、セラミックの美しさと金属の強度を兼ね備えています。

2019年1月15日火曜日

保険適用外治療なら噛む機能の回復だけでなく、美しさも追求できます。

虫審美歯科とは、美しさと自然な口元に焦点を当てた、総合的な歯科治療です。
歯には機能(おいしく食べられる)と、審美(きれいな歯並び、美しい歯)がありますが、その両方に焦点を当てて治療を行います。歯の着色、隙間、大きな銀歯など口元の印象をランクダウンさせる部分をきれいに改善します。保険が適用されないので治療費は安くありませんが、治療後に口元の印象を変えることによってお値段以上の満足が手に入るでしょう。
きれいなむし歯治療
保険適用外治療なら噛む機能の回復だけでなく、美しさも追求できます。
一般的な保険診療では、むし歯の治療を行うと削ったところや欠けているところに銀色やプラスチックの詰め物をしました。
治療での目的は「機能の回復」であるため、どうしても「見た目の美しさ」で満足のいく治療を受けることはできません。
審美歯科では、機能的な側面だけでなく、「見た目の美しさ」いわゆる「審美」という側面も満たす治療を行いますので、「むし歯治療の痕が気になる」、「むし歯を治療したいが、きれいに治したい」という方にお勧めの治療です。
ハイブリッドセラミックは、セラミックとそれらをつなぐ微量のプラスチックが混ざり合った材料で作られたインレー(詰め物)、クラウン(被せ物)です。
むし歯を治療した箇所をきれいに修復することが可能です。
強度と耐久性が強く、奥歯のように、噛む力が強い場合におすすめできます。天然の白さと輝きを取り戻す治療法です。
セラミックインレー
パラジウム合金やレジンなら健康保険での治療が可能ですが、歯の残った部分との適合性が悪く、その隙間から再びむし歯になるリスクを抱えています。セラミックインレーは適合性が高く、むし歯リスクを低減できます。また、歯の色に合わせてのオーダーメイドになりますので見た目の仕上がりが大変自然になり、かつてむし歯であったことが解らなくなるほどに修復することができます。

セラミック
セラミックとは、セラミックで作られたインレー、クラウンです。歯を治療した箇所をきれいにすることが可能です。歯の色が自由に調節でき、天然の歯と同じような自然な感じを出せます。また、変色が全く起こらないのも大きな特徴です。歯と同じ白色なので目立たず、健康的な印象を与えることが可能です。

口元の美しさは、他の人に対して健康的な美しさと表現する一つの手段となります

審美歯科とは、見た目の美しさだけを追求する治療ではありません。
見た目を美しくするのはもちろんのこと噛みあわせやお口の中の環境の問題を考慮した上での治療を行います。見た目の美しさのみ追求してしまい、機能性やその他のお口の中の環境の問題を無視した治療では、長期的に健康な歯を維持することは望めません。 本当に美しい口元とは、あくまで健康の上に成り立つものであり、美しい歯並び、お顔との調和、歯本来の機能の回復のバランスがとれて、 はじめて実現されるものなのです。

口元の美しさは、他の人に対して健康的な美しさと表現する一つの手段となります。審美治療では、 単に歯の美しさを向上するだけでなく、患者さま一人ひとりの口腔機能の維持と改善も目的とします。 また、患者さまの口元のコンプレックスを取り払い、皆様の自信溢れる笑顔を実現することが、審美治療の本当の目的といえます。 審美歯科の中には、美しい白い歯を作るホワイトニング、被せ物や詰め物を自然な色合いに変えるセラミックなどがあります。
ホワイトニングとは、コーヒーやお茶など日頃の飲食や喫煙、加齢などで着色してしまった自分の歯を、 削らずに白くする治療のことをいいます。歯を白くするための専用の薬剤を歯の表面に塗布して、 歯の表面のエナメル質という部分に入り込んだ着色物質を分解して歯を白くします。
オールセラミックスは、銀歯や金歯のような金属を一切使用せず、全てがセラミックス(陶材)で仕上げた被せ物です。
歯と同じような白色で、ほとんど普通の歯との見分けはつきません。
それだけ費用や手間もかかりますが、中国の陶器や日本の古伊万里など陶器は、何百年も前のものが色褪せることのない安定した素材です。
当院は何度も炉で焼成した質の高いセラミックスを用い、患者様一人一人に合わせたオーダーメードで作成いたします。
オールセラミックスを選択することで、以下のようなことでお悩みの方は解消できます。
・虫歯の治療が目立ってしまっている方
・天然の歯と同様の見た目にしたい方
・金属アレルギーがある方
・以前作ったさし歯の色が黒いとお悩みの方
・歯並びが悪いが、矯正では時間もかかる(オールセラミックスにして歯列びを整えたい場合)お悩みの方

2019年1月14日月曜日

口を大きく開けた時に、見えてしまう金属の詰め物、気になっていませんか?

セラミッククラウンとは、セラミック(陶材)で作られたかぶせもの(クラウン)のことです。
大きな虫歯跡などをきれいにするときに効果的です。セラミックは天然の歯と同じぐらいの光の浸透度で、透明感があり、歯の色も患者様それぞれに合わせて作ることができるので、自然な美しい歯に仕上がります。またセラミックには吸収性がないので変色は全く起こらず、臭いが気になることもありません。
虫歯跡をきれいにするだけではなく、ホワイトニングなどでは効果のでなかった変色のひどい歯もセラミッククラウンによってきれいにすることができます。すべてセラミックで作られたオールセラミッククラウンは透明感から、前歯などに使われます。オールセラミッククラウンですと金属をまったく使用しませんので、金属アレルギーの人にも安心してお使いいただけます。歯肉にとっても有害な作用がありません。歯の形や大きさを整えることができますので、時間のかかる矯正も、セラミッククラウンによって部分的であれば、短期間で行うことが可能です。セラミッククラウンは自費診療となり、通常の金属をかぶせる治療法よりも割高となります。その分、自然で美しい歯を、歯並びからトータルに手に入れることができます。
セラミックインレーとは、虫歯を削った部分に、金属ではなく、セラミックを詰める治療法です。金属の詰め物と違って治療後が目立ちません。虫歯治療の場合、通常は耐久性、価格の問題から金属製インレーを使います。しかし耐久性の優れたセラミックインレーの開発により、自然な歯の白さを再現することも可能になりました。
口を大きく開けた時に、見えてしまう金属の詰め物、気になっていませんか?セラミックインレーは自費診療ですが、治療後はとても満足していただけることでしょう。金属を全くつかいませんので、金属アレルギーの方にも、安心してお使いいただけます。
セラミックとレジン(プラスチック)
白い詰め物の治療としては、レジン(プラスチック)による治療も存在しますが、レジンは吸収性があるため変色や劣化が起こりやすく、臭いも気になります。また、吸収性によって縮んだり膨らんだりするため、歯とレジンの間に隙間ができやすく、 隙間の部分から、虫歯になる可能性もあります。セラミックは吸収性がないので変色は全く起こらず、臭いもありません。天然の歯と同じような自然な感じに仕上がります。

口元はその人の印象を大きく左右します。輝く白い歯はあなたの印象をよくし、自分自身も笑顔に自信がもてます

審美歯科とは、黄ばんだ歯を削らずに白くしたり、金属やレジンの詰め物や被せ物の代わりにセラミック等の素材を用いて、 口元を美しくする治療などを指します。また美容歯科とは違い、歯の機能回復を重点に行います。

セラミック治療
虫歯治療など、歯を削った時等には詰め物や被せ物をしますが、保険がきくのはレジン(プラスチック)や金属といった素材になります。機能としては問題ありませんが、大きく口を開けたときにどうしてもギラギラと見えてしまいます。そこで金属やレジンの代わりに、自然歯に近い色調や透明感をもったセラミックやハイブリッドとよばれる素材を使用します。その効果は驚くほど自然で、本物の歯に近い仕上がりになります。また、セラミックは陶器ですので、強度も高く、金属アレルギーもありませんので、安心して装着することができます。
虫歯治療の際に、天然の歯のような色調の材料で治したい。
過去の治療物がギラギラとしているので、なんとかしたい。
歯を白くしたいが、ホワイトニングが適応しない症例。
短期間で歯並びを美しくしたい。歯と歯の隙間をなくしたい。

メタルセラミックとオールセラミック
虫歯で歯の一部を削り、それをポーセレン(セラミック)泥を焼成し作成したインレー(詰め物)やメタル(金属)のフレーム(内冠)上にポーセレン(セラミック)泥を築盛し焼き付けるメタルボンド(被せ物)が現在もまだ主流でしたが、弱点の脆さの点で壊れるという治療後のトラブルも少なくありませんでした。
このメタルセラミックの弱点を上手くカバーした方法がCAD/CAM(コンピュータによる設計および切削)によるオールセラミックです。壊れにくい工業的な規格化されたセラミックのブロックから、削り出す事によって、破損に非常に強いインレー(詰め物)や冠(被せ物)を作り出す事ができ、非常に高度な接着技術・高品質な材料も手伝って、メタルセラミックでは出来なかったトリートメントが可能となりました。また、メタルセラミックで起きていたマージン部(歯牙に近い歯肉接触部)のシャドー(金属色で歯肉が黒くなる)もなくなり歯肉まで明るく綺麗にトリートメントできるようになりました。さらには最近多くなって来た金属アレルギーの患者様にも適応可能です。