2018年11月15日木曜日

ご家庭での歯磨きでは落とせない歯石(虫歯の原因となる、歯垢が固まったもの)を、専用の器具で除去します

老化などの年齢は「歯を失う原因」と直接的な関係はなく、虫歯と歯周病を予防すれば将来的にも歯を失う確率が大幅に下がると言えます。歯科先進国であるスウェーデンでは、国全体の歯科医療方針として「予防歯科」の考えが採用されています。子どもの頃から歯の検診・歯の健康づくりが生活の中に定着しており、虫歯や歯周病を防ぐことに繋がっているのです。そして年を重ねても、多くの方が若い時とあまり変わらない歯の本数を維持できています。そのため食事やおしゃべりも楽しむことができ、より豊かで充実した時間を過ごされているのです。

虫歯や歯周病を徹底して予防するために
「プロフェッショナルケア」と「セルフケア」の両方を行いましょう予防歯科は大きく分けて2つのケアから成り立ちます。まず定期的に歯科医院で受ける「プロフェッショナルケア」、そしてご自身が毎日自宅で行う「セルフケア」です。これらはどちらか一方でも行えば良いということではありません。両方のケアにしっかり取り組むことで、大切な歯を守り続けることができ、より効果的な予防歯科を実践できると言えます。
 PMTC
専門の器具を使用して、歯磨きの磨き残しから、歯ブラシでは届きにくい歯と歯茎の隙間など、お口の中を徹底的に隅々まできれいにする、プロによるクリーニングです。
さらに歯質を強化するフッ化物(フッ素など)も塗布することにより、歯に汚れがつきにくくなるので予防効果も期待できます。施術の痛みはなく、気持ちよくエステを受けているような感覚で虫歯や歯周病の予防もする、一石二鳥の方法です。

歯磨き指導
歯科医院でいくらお口の中をキレイにしても、ご家庭での歯磨きが正しく行われていなければ、歯を予防することは困難です。正しい歯磨きを見につけていただくため、当院では歯磨き指導を行っています。

歯石除去
ご家庭での歯磨きでは落とせない歯石(虫歯の原因となる、歯垢が固まったもの)を、専用の器具で除去します。
フッ素塗布
フッ素とは、歯の再石灰化を促進する物質です。歯の表面に塗ることで、酸に強い歯を作り、虫歯菌が酸を作るのを抑制します。
シーラント
歯の溝を、フッ素を含んだプラスチックで塞ぎ、虫歯を予防する方法です。特に、乳歯から永久歯に生え替わった時期の奥歯に使用します。

しっかり歯磨きをすれば大丈夫?

最近、TVCMなどで話題になっている「予防歯科」。
予防歯科とは、歯の2大疾患である「むし歯」と「歯周病」にならないようにすることです。あなたが通っている歯医者さんは、ちゃんと予防していますか?

むし歯も歯周病も、細菌による感染症です。
むし歯や歯周病になるような細菌が繁殖している状態である場合であれば、なりやすいのです。昔から、むし歯、歯周病にならないために「歯みがき」が薦められてきました。これは、お口の中にばい菌が繁殖しないようにお掃除するというものです。

今までの予防歯科は
お口の中は、複雑な形態をしていますので、個人個人の歯みがきだけでは、「磨き残しがでてきたり」「歯ブラシが届かない場所があったり」と、どうしても限界が出てきます。
そこで、「定期的に歯医者さんでキレイにしてもらいましょう。」というのが、従来型の歯科医院での予防でした。
しっかり歯磨きをすれば大丈夫?
ただ、お口の中のお掃除を定期的に続けているだけで予防になるのでしょうか? やらないよりは、断然マシです。お口の中の汚れは、むし歯や歯周病のリスクファクター(危険因子)のうちの重要な一項目だからです。「ん? 歯の汚れ、口の汚れだけがむし歯、歯周病の原因じゃないの?」と、思われたあなたは鋭いです!そうなのです。実は、あまり世間の人々は、知らない(というか、知らされてない)のですが、むし歯や歯周病になる原因は、ひとつ(汚れ)だけではないのです!むし歯・歯周病には、さまざまなリスクファクターがあります。
予防のための定期検診が必要なわけ
「毎日しっかり歯を磨いているし、特に悪いところもないから大丈夫だろう」と思われる方も少なくないでしょう。しかし、歯と歯の間や奥歯の後ろなど日々の歯磨きだけでは落としきれていない歯垢(プラーク)が必ずあるのです。この歯垢(プラーク)の中に、虫歯や歯周病を引き起こす細菌がいます。しばらくたつとこれらの細菌はバイオフィルムという細菌の塊を形成し、歯石となって歯ブラシでは落としづらくなります。定期的にお口のクリーニングを受けて、ご家庭で落としきれないこれらの歯垢(プラーク)やバイオフィルム、歯石などの除去をし、歯面清掃(PMTC)やフッ素塗布などの予防処置を合わせて行うことで、虫歯や歯周病のリスクをかなり低くすることができます。
「歯とお口の健康を守る」ために一番大切なことは、毎日の歯磨きや甘いものの取り方などご自宅でできるセルフケアです。定期検診では、ブラッシングの再確認をさせていただき、ご自宅でのセルフケアが適切にできているか、またどうしたらより適切にできるかなどもお話しさせていただきます。定期検診時のお口のクリーニングはあくまでもホームケアのサポートで、不十分なものを補うものとしてお考えください。適切なセルフケアに私たちが行うプロッフェッショナルケアを組み合わせることでお口を良い状態に保つことができるのです。

歯科へはいつ、どうなった時に来られますか?

日本人の80歳で残っている歯の平均数は、わずか5本と言われています。
しかし、アンケートをすると、ほとんどの方が歯磨きは毎日していると回答されます。これは 『磨いている』と『磨けている』 の違いから生まれる結果です。予防歯科では、口腔内チェック・検査・定期清掃・ブラッシングの指導などを行い、健康な歯を 長く 維持するお手伝いをしています。

予防することの大切さ
歯科へはいつ、どうなった時に来られますか?
痛くなったら・・・・という方がほとんどだと思いますが、予防の為に来ていただくのが歯にとっては一番良いのです。定期的に予防歯科を受診していただくことで、歯を削ったり 手術をしたりという精神的・経済的負担を回避することができます。また、もし虫歯や歯周病になっていたとしても早期に発見できれば、最小限の治療ですみます。
プロによるケアが大切!
歯は治療するごとに、弱くなっていきます。これから歯医者で治療する必要のない人生を歩んで頂きたいのですが、歯をみがくだけが予防ではありません。 現代の歯科医療が目指す「予防」は、お口の環境を整えて、虫歯や歯周病にならないようにすること、よく手入れされた健康な歯肉を保つことです。 虫歯や歯周病は「生活習慣病」と言われています。 虫歯を治療しても、きちんと原因を取り除かず放置しておけば、また同じところが虫歯になります。

歯周病も生活習慣を改め、定期的にプロのクリーニングを受けて、原因除去に努めなければ、再発を繰り返してしまいます。 なぜ虫歯になったのか なぜ歯周病が繰り返されるのか をきちんと認識することが大切です。磨き方が悪かった場合は正しい磨き方の指導を、食生活に原因があれば正しい食事指導を行うことも「予防」です。そして何より、「予防」に欠かせないのは、病気の原因となる細菌を除去し、お口の状態を良くする、プロフェッショナルによる定期的なケアなのです。
歯周病や虫歯を引き起こす原因は、プラーク(バイオフィルム)です。粘着性があるので、歯磨きだけでは取れない汚れがあり、何ともやっかいな存在です。それをきれいに取り除けるのがPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)です。クリーニングが終了後にはプラークゼロでお帰りいただいています。

2018年11月14日水曜日

歯周病は、歯自体の病気ではなく、歯を支える歯周組織の病気であり、むし歯と同様に歯を失う大きな原因の一つとなっています

歯周病とは歯や歯茎に付着するプラーク中の細菌によって引き起こされ、歯を支える歯周組織に起こる病気の総称です。
歯周病になると、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎の隙間に細菌が増え、歯槽骨を吸収していきます。やがて歯がぐらつき、ついには抜けてしまいます。歯周病には大きく分けて歯肉炎と呼ばれる状態と、歯周炎と呼ばれる2種類の時期があります。歯肉炎までの状態であれば、大抵の場合において、原因となっている細菌(歯垢と歯石)を除去し、丁寧にブラッシングをすれば治ります。しかしながら歯周炎まで症状が進行してしまい、重度の状態になると、抜歯せざるを得ない場合があります。
歯肉炎と歯周炎とは?
歯肉炎とは、歯に隣接する歯肉にのみ炎症が起きている状態で、歯肉の下にある歯周組織(歯根膜(しこんまく)・歯槽骨(しそうこつ))には炎症が波及していない状態です。
これに対して、歯周炎とは、歯肉とその下にある歯周組織(歯根膜・歯槽骨)にも炎症が波及し、組織が破壊されている状態です。
歯肉炎と歯周炎の発症
歯と歯肉の隙間(歯周ポケット)に入り込んだ細菌により、歯肉に炎症が起こります(歯肉炎)。歯肉炎が治療されず、進行して深部に炎症が波及すると、歯を支える骨(歯槽骨)は吸収されてしまいます(歯周炎)。歯周炎が進行すると、歯を支える骨がなくなるため、歯はグラグラになり、最後には抜け落ちてしまいます。
 
歯周病は、歯自体の病気ではなく、歯を支える歯周組織の病気であり、むし歯と同様に歯を失う大きな原因の一つとなっています。
歯周病の検査(プロービング検査とレントゲン撮影)
プローブという専用の器具を用いて、歯周ポケット(歯と歯肉の間の溝)の深さを測る検査を「プロビング検査」と言います。歯肉が健康な状態では、ポケットは13mm程度ですが、4mm以上になると歯肉炎または歯周炎であり、歯周炎が進行するほどポケットは深くなります。
 
また、レントゲン撮影を併用し、歯が埋まっている骨の状態(どれくらい減っているか)を確認します。 これらの診査により、実際に組織が破壊されているかどうかを見て、歯肉炎か歯周炎の診断をします。
歯肉炎・歯周炎の症状
歯肉炎および初期の歯周炎では、ブラッシング時に歯肉から出血があっても、通常は痛みなどの目立った症状はありません。痛みがないので、歯科を受診する人は少なく、気づかないうちに進行してしまう事があります。そのため、症状が出る段階では、歯を支える骨が減ってしまい、歯が揺れ動いている事があります。
歯垢(プラーク)は食事するたびに歯に付着します。毎食後、歯磨き、歯間ブラシ、デンタルフロスなどで丁寧に除去することでプラークコントロールすることが可能です。プラークコントロールとは、歯周病の直接の原因である歯垢(プラーク)=細菌の塊の増殖を抑え、歯周病を予防しようということです。すでに歯周病にかかっている人は歯周ポケットが深くなっているため、歯周ポケットに入り込んだ歯垢(プラーク)を自分で除去することは難しいので、歯科で除去してもらいましょう。

2018年11月13日火曜日

今、歯科先進国として注目されているのがスウェーデンです。

予防歯科というとどのような歯科治療を想像されるでしょう?フッ素の塗布とか歯石取りと思われる方が多いようです。しかし、これだけでは不十分です。根本解決がなされないまま目先のことだけに対処するだけでは防ぐことが難しいのです。
定期的に歯科医院にいってクリーニングしてるけど、処置が必要になることがある人がよく相談にいらっしゃいますが、まさに根本解決が必要な例です。お口を守るためには歯ブラシとフロスを使ったプラックコントロールの習慣化と歯に対して必要以上に力がかからないように力のコントロールをする大原則が必要なのです。それをベースにさまざま治療を取り入れていくのです。審美治療や、インプラント治療ももちろんこの総合的な考え方をもとにした枝葉の治療でないと長期間持続するのはなかなか難しいものです。
虫歯やかぶせものなどの治療をする上でも【予防歯科】の考え方は必要です。いくら削って詰めても、???どこかに虫歯菌がいてお口の細菌を歯ブラシや薬で少なくしようと頑張っても、環境が整っていないと限界があり、残念なことになってしまいます。例えば、かぶせた歯にすきまがあれば細菌がはいりやすく、またまた虫歯や歯周病になってしまうことがあるのです。そうなると虫歯や歯周病は細菌の巣ですから、そこからまた広がっていってしまうのです。
日本は虫歯と歯周病が多すぎる
今、歯科先進国として注目されているのがスウェーデンです。
スウェーデンの平均の虫歯の数、歯周病にかかっている人の割合はどちらも日本のおよそ3分の1
しかし、昔はスウェーデンも日本と同じく、虫歯・歯周病の多い国でした。
なぜそこまで減ったのかというと、危険を感じたスウェーデンは、国を挙げて予防歯科を推進したからなのです。
すると、虫歯・歯周病にかかる人が1/4まで減り、現在では80歳になっても20本もの天然歯が残っているというデータがあります。

予防歯科の目的は「お口の中の健康を生涯維持し、美しい歯を守る」ことです。小さなお子様であれば、虫歯を増やさないお口の環境を保つことが可能です。また、治療した部分の再発予防、口臭、歯の汚れを防ぐことができます。残念ながら、毎日きちんと歯磨きをしているつもりでも、セルフケアでは、虫歯の原因となるバイオフィルムや、お茶・コーヒー・タバコなどの汚れを完全に落とすことはできません。 正しいセルフケアに加え、定期的な歯科医院でのケアが将来の口腔内環境を整え、自然で美しい歯を守るのです。
歯科医院のイメージは、「歯が痛くなったら行くところ」ですが、歯は一度失うと二度と生えてくることはありません。
健康な歯を維持し、生涯ご自身の歯で美味しく食事を楽しみたい方は、今から予防歯科を始めましょう。
予防歯科の診療
虫歯や歯周病のチェック、また、現在健康でもこの先注意が必要な部位の確認を行います。
お口の状態と生活環境にあわせ、その方に適したブラッシング、正しいホームケアを丁寧にご指導いたします。歯石除去、お茶・コーヒー・タバコなどによる歯表面の着色除去、PMTC(クリーニング)、フッ素療法を行います。

虫歯やかぶせものなどの治療をする上でも【予防歯科】の考え方は必要です

予防歯科というとどのような歯科治療を想像されるでしょう?フッ素の塗布とか歯石取りと思われる方が多いようです。しかし、これだけでは不十分です。根本解決がなされないまま目先のことだけに対処するだけでは防ぐことが難しいのです。
定期的に歯科医院にいってクリーニングしてるけど、処置が必要になることがある人がよく相談にいらっしゃいますが、まさに根本解決が必要な例です。お口を守るためには歯ブラシとフロスを使ったプラックコントロールの習慣化と歯に対して必要以上に力がかからないように力のコントロールをする大原則が必要なのです。それをベースにさまざま治療を取り入れていくのです。審美治療や、インプラント治療ももちろんこの総合的な考え方をもとにした枝葉の治療でないと長期間持続するのはなかなか難しいものです。
虫歯やかぶせものなどの治療をする上でも【予防歯科】の考え方は必要です。いくら削って詰めても、???どこかに虫歯菌がいてお口の細菌を歯ブラシや薬で少なくしようと頑張っても、環境が整っていないと限界があり、残念なことになってしまいます。例えば、かぶせた歯にすきまがあれば細菌がはいりやすく、またまた虫歯や歯周病になってしまうことがあるのです。そうなると虫歯や歯周病は細菌の巣ですから、そこからまた広がっていってしまうのです。
日本は虫歯と歯周病が多すぎる
今、歯科先進国として注目されているのがスウェーデンです。
スウェーデンの平均の虫歯の数、歯周病にかかっている人の割合はどちらも日本のおよそ3分の1
しかし、昔はスウェーデンも日本と同じく、虫歯・歯周病の多い国でした。
なぜそこまで減ったのかというと、危険を感じたスウェーデンは、国を挙げて予防歯科を推進したからなのです。
すると、虫歯・歯周病にかかる人が1/4まで減り、現在では80歳になっても20本もの天然歯が残っているというデータがあります。

予防歯科の目的は「お口の中の健康を生涯維持し、美しい歯を守る」ことです。小さなお子様であれば、虫歯を増やさないお口の環境を保つことが可能です。また、治療した部分の再発予防、口臭、歯の汚れを防ぐことができます。残念ながら、毎日きちんと歯磨きをしているつもりでも、セルフケアでは、虫歯の原因となるバイオフィルムや、お茶・コーヒー・タバコなどの汚れを完全に落とすことはできません。 正しいセルフケアに加え、定期的な歯科医院でのケアが将来の口腔内環境を整え、自然で美しい歯を守るのです。
歯科医院のイメージは、「歯が痛くなったら行くところ」ですが、歯は一度失うと二度と生えてくることはありません。
健康な歯を維持し、生涯ご自身の歯で美味しく食事を楽しみたい方は、今から予防歯科を始めましょう。
予防歯科の診療
虫歯や歯周病のチェック、また、現在健康でもこの先注意が必要な部位の確認を行います。
お口の状態と生活環境にあわせ、その方に適したブラッシング、正しいホームケアを丁寧にご指導いたします。歯石除去、お茶・コーヒー・タバコなどによる歯表面の着色除去、PMTC(クリーニング)、フッ素療法を行います。